学校案内
Guide in School
尾道准看護学院は、地域の保健医療に貢献できる看護の実践者を育成することを目的としています。

学院長挨拶

学院長 佐々木 伸孝 からのメッセージ

本学院は大正6年に設立され今まで多くの看護職を育成してきました。

働きながら学べ、卒業後は准看護師として医療機関で仕事をすることもできますが、 さらに進学して看護師免許等専門職の資格を取ることも可能です。

本校では学校生活や実習の中で看護の知識、技術は勿論のこと看護を通じて社会に貢献でき、 自分の考えを持って行動できる医療人の育成を目指しています。

現在我が国は高齢化社会により看護の分野は医療機関に限らず介護施設や在宅医療にまで拡がっており、 皆さんの活躍の場は大変広くなっています。恐らくこれからの看護の位置づけは医療のみならず介護、 福祉というおおきなフィールドの中で少しずつ変わってくるものと思われます。
尾道市医師会では以前から医療、保健、福祉が連携をとり地域医療を構築する尾道方式と言われる 地域包括ケアシステムを推進しています。皆さんも是非この尾道の地で地域医療を通して看護のあり方、 自分の進むべき方向性を模索していただきたいと思います。

副学院長 吉田 真里 からのメッセージ

副学院長・吉田 真理

「やってみよう!」と思った時がチャンスです。
新しいことにチャレンジするのに年齢は関係ありません。
准看護師の資格を取得し地域医療に力をかしてください。

人の役に立て、そして周囲の人も自分自身も元気になることが出来ます。
さらに経済的な安定も得られます。

年齢、性別に関係なく、やる気と奉仕の心を持った方、尾道准看護学院で待ってます。
二年間、一緒にがんばりましょう。

尾道准看護学院 副学院長 吉田 真里